2012年5月27日 (日)

初めての上智大学

今日は、安河内先生と上智大学の吉田(研作)先生の「これからの英語教育」に関する対談がありました。東京駅からタクシーに乗ったのですが、途中ですごい衝撃。なんとタクシーに信号無視の車が横からぶつかってきました。幸いけがもなく(と思うのですが)、講演に間にあわすために、事故処理を見送ることもな次のタクシーに乗り、上智大学に向かいました。

はじめての上智大学で多少緊張しました。教室に入ると、すでに安河内先生がおられました。こっそり行って、こっそり帰ろうと思ったのですが、見つかってしまいました。一番前の席に座りました。となりは晴山陽一先生、後ろは白野伊津夫先生という重鎮ばかりでした。あとで千田潤一先生も発見しびっくりしました。

対談は、「なるほど」と思えるもので、韓国のNEATに対抗するための上智大学のTEAP「アカデミックな目的のための英語のテスト」に関する話でした。色々なことを考えながら聞いてしました。安河内先生と僕とは随分と方法論に違いがあるような気がしますが、目指すところ「日本人が普通に話せて聞ける英語教育」という点では同じです。安河内先生の熱い話を拝聴し、「ガンバロー」と思いました。

TEAPについては上智大学のHPを参考にして下さい。11月4日に公開されるそうです。

「金環日食」 annular eclipseは annual「年1回の」→「ぐるっと」→「環」.。lipseはcollapse「すべてが滑る」→「崩壊」の lapseと同系語。ec- はex- がギリシャ語経由で変化した語。たとえば eccentric「中心から離れている」→「風変わりな」にもあります。eclipseは「光が外へ滑って出て行く」→「(天体の)食」から出来た単語です。

 

| | コメント (5)

2012年4月26日 (木)

やり切れない

 亀岡のことがこれほど新聞やテレビで報道されることはありませんでした。

 亡くなられた人や、その家族のことを考えると、ただただやり切れない気持ちになります。

 恐らく、全国の皆さんも同じ気持ちだと思います。

 僕の兄の竹岡龍太郎は、半世紀前に同じ亀岡で、トラックにひかれて亡くなりました。

 「龍太郎」は英語では「ドラゴン」となります。何かの縁なのでしょうね。

 父親は、兄の話をするといつも涙で顔がぐちゃぐちゃでした。

 何十年たっても、悲しみが癒えることはなかったと思います。

 亡くなった方のご冥福を祈ります。

| | コメント (4)

2012年2月 1日 (水)

平成24年度 竹岡塾塾生募集要項

折込チラシの募集要項を転載します。

1.新高校1年生クラス(約30名)

入塾テスト日:第1回 平成24年2月26日(日)

                    午後5時30分~9時50分

         第2回 平成24年3月11日(日)

                    午後5時30分~9時50分

※試験は、英語・数学・国語の実力試験と、竹岡広信著:ドラゴン・イングリッシュ基本英文100 を暗記してくる努力試験です。現在の実力は不安だが、高校から「がんばるぞ」と思っている人は、この努力試験が満点もしくはそれに準じる点数なら合格とします。逆に実力試験が良くても努力試験の点数が悪い人は不合格とします。

※入塾試験料は1575円(体験授業もしくは入塾試験当日にお支払いください)

基本英文 は各自で購入してください。テストは日本語を提示し、該当する英文を書くテスト(20題)です。100文すべてではなく、以下の番号の英文を除く75題から出題されます。

除かれる英文 1・5・17・20・24・32・33・34・37・38・39・44・46・52・53・54・59・63・70・76・78・83・89・90・95

2.新高校2年、3年生クラス

入塾テスト日:第1回 平成24年2月26日(日) 午後6時~9時

         第2回 平成24年3月11日(日) 午後6時~9時

※英語(実力試験+努力試験)と国語(実力試験)を行います。ただしこちらは100文 すべてが試験範囲となります。

申し込み方法

次のメールアドレス宛に必要事項を記入したメールをお送りください。

takesan@pearl.ocn.ne.jp

件名:高校○年生入塾申し込み

本文に必要事項

・氏名(ふりがなもお願いします)

・自宅住所(郵便番号も)

・自宅電話番号

・出身中学名

・進学先高校名(未定の場合は未定と記入)

・希望体験授業日

・希望入塾試験日


体験授業

第1回 2月17日(金)  第2回 2月25日(土)

 いづれも時間は午後6時~8時

ドラゴンイングリッシュ基本英文の覚え方などを竹岡が授業します。

入塾試験を受験予定の新高校1年生は誰でも参加できます。

参加費無料ですが、基本英文100は必ず持参してください。

| | コメント (0)

2011年7月10日 (日)

いよいよ夏期講習会

 明日から夏期講習会です。今は名古屋のホテルで明日の準備をしています。昨年の夏期講習初日は7月11日でした。名古屋校へ補助プリントも全て送付して、準備万端整えて、いざ出陣という前の日の朝に父が亡くなりました。講習会はキャンセル。何百名の生徒さんや校舎の皆様にご迷惑をおかけしました。今年は、明日から講習会ができることが幸せです。

 今日は、竹岡塾の合宿のミーティングも終わりました。合宿の栞も完成して、8月9日の合宿を待つばかりです。栞は塾生の2年生にお手伝いして製本しました。毎年、塾生みんなで仕上げる手作りの栞です。合宿は高野山無量光院。「なむあみだぶつ」をサンスクリットで言うと Name ameter Budda「呼べ、無限の 仏を」です。ameterは、aが否定で、meterが「計る」です。「無量」とは ameter 「光」とは Buddhaです。宿坊の住職は羽生川様です。この住職と奥様が素晴らしく、この宿坊にして10年ぐらいですね。

父親はよく「生徒は、褒めたることが一番や。できるだけ褒めちゃれよ。褒めちゃったらええ顔になるぞ。」とよく言ってました。明日からの講習会はその言葉を胸に行きたいと思います。50歳になって初めての夏期講習会です。

| | コメント (6)

2011年6月 1日 (水)

もう6月ですか

5月21日に50歳になりました。40歳の時は随分ショックでしたが、50歳になるとそこまでのショックはなく、「天命を知る」ということの重みを感じています。この前、講演会で社会人の皆さんに The woman behind whom I was sitting was Ann. という古典的な英文を訳してもらいましたが、その結果は90%以上が「私が座っていた後ろの女性はアンだ」という、これまた古典的なミスを犯していました。

 関係代名詞は代名詞だ!(つなぐ働きなんかない!

と叫び続けて30年近くが経ちましたが、社会人(しかも超優良企業の社会人)の大半が、関係代名詞さえ理解していないという現状に絶望すら感じます。もっともっと社会に発信していかないといけません。

 

| | コメント (8)

2011年5月30日 (月)

もう梅雨ですね

 「ブログを更新もせずに竹岡先生は大丈夫か?」という声を各方面から頂きました。有り難うございました。1月からJapan Times を精読して記事を切り抜くという作業に没頭しておりまして、自分の勉強を最優先にしていました。毎日、英語をぶつぶつ言いながら覚えておりました。英検1級レベルの単語は、面白いですね dog「追いかける」、harvest「臓器などを受け取る」 weather「(困難など)を切り抜ける」、field「(候補者など)をたてる」。

 3月11日には東京のスタジオにいました。メトロポリタンホテルに宿泊していたため、30階まで重い荷物を2つもって上がるはめになりました。東北の方々の苦しみからすれば、微々たるものです。

 塾生で京都大学に受かったS君は、合格最低ラインより120点以上で受かったいたため、英語が0点でもいいことが判明し、複雑な気持ちです。

またブログ頑張りますので応援して下さい。

| | コメント (2)

2010年8月18日 (水)

合宿が終了しました。

 高野山無量光院での7年目の合宿が終了しました。比叡山で16年間合宿をやっていましたが、宿坊の立て替えのあと合宿に適さない環境になってしまい高野山に移しました。最初は、戸惑いもありましたが無量光院のみなさんの素晴らしいお気遣いに感激し、いまではすっかり愛着が湧いています。

 高野山の初期の合宿には亡き父も参加したことを思いだしながら、5日間がんばりました。生徒たちも日に日によくなってきたようです。なによりも全員が無事で帰れたことに感謝します。合宿の最終日には古文の特別ゲストの先生が素晴らしいスピーチをしていただき感激しました。クラーク博士は「野心をもて」と言われましたが、そのあおに「その野心を一般庶民に還元するように!」という趣旨でした。

保護者の皆さんをはじめ、皆さん有り難うございました。

| | コメント (18)

2010年7月22日 (木)

NHK出演のお知らせ

ディープピープル「予備校講師」
NHK総合:7/24(土)23:30~24:00
<再>NHK-BS2:7/26(月)16:30~17:00
NHKワールドプレミアム:7/25(日)13:35~14:05[日本時間]※

※北米とヨーロッパでは、現地の生活時間帯に合わせて放送時刻が調整されることがあるそうです。
NHKワールドプレミアムは、海外の衛星放送やケーブルテレビ向けに番組を配信している有料サービスです

| | コメント (2)

2010年7月14日 (水)

感謝

父、信男の葬儀に際しまして、お忙しいなか700人以上の方々においでくださり心より感謝いたします。全国からかけつけてくれた塾生、忙しいのに来てくれた塾生ありがとう!君たちの顔を見たら涙が止まりませんでした。また予備校や大学や高校や出版関係の方々本当にありがとうございました。東京から日帰りでかけつけて頂きました方々には、本当に感謝いたします。

父は、大正14年生まれで海軍機関学校の最高学年の時に終戦を迎えました。お国のために命を捧げるつもりで入った海軍で、終戦を迎えてしまい、ただただ途方にくれたと言ってました(その時以来終生フンドシをしていました)。その後、大学へ進学する気は全くなく、目標を見失ったまま復員船の船員を経て、亀岡中学校の教師になりました。昭和28年頃、中学の先生が「この子たちを教えてやって」ということから竹岡塾がスタートしたと聞いております。そして竹岡塾開設当初からの塾の基本は「安い月謝で最高の教育を提供すること」だったようです。よって月謝は「野菜類」だったようです。

父は優しい人でした。80歳近くまで現役で数学を教えておりましたが、生徒たちから「信男ちゃん」と呼ばれて満足しておりました。比叡山や高野山の合宿にも参加し、テレビ厳禁のはずの部屋で高校野球を見ていたことを覚えています。「情のある人間になれ!」が父の口癖でした。今でも「めだかほど群れたがり、めだかほど情もうすい」と書かれたものが飾ってあります。

また教育に関しては時には厳しい人でした。ある時、保護者からの電話を父が受けて、その保護者から何かの相談を受けた時に、僕はたまたまそばにいました。父いわく「直接顔も見せたことの無い親と電話で話すことはない。そんな親はろくでもない親です」と言って、電話を切ったのを見て、びっくりしたことを覚えています。いまでは、確かに一理あるような気がします。しかし「男前」ですね。

趣味は読書と碁と旅行と数学でした。旅行に出かける時には必ず数学の入試問題集を携え、移動の時に解いていました。よほど数学が好きだったのでしょうね。病院で術後もぶつぶつ呟いていますので、耳をそばだてると因数分解の暗算をしていました。仰天しました。また「バタやん」の歌が大好きで、よく「なみのせのせに、揺られて揺れて」と歌っておりました。

父の長兄は元香川大学の古文の教授で、次兄は岡山県警本部長を経て防衛庁官房長、弟は(グリコ森永事件の時の)大阪府警本部長で、みなさん素晴らしい肩書きでした、父は「俺は名刺のない人生や」と言ってました。ですから僕がNHKのプロフェッショナルに出させていただいて「竹岡塾」という名前が全国に知られた時には、本当に嬉しそうでした。それまで亀岡の一介の小さい塾だったわけですからね。

僕は父の意志を継ぎ竹岡塾をやっていますが、あれほど情の深い人になれるかどうかは常に自問してします。たしかに予備校で教え、本を執筆し、講演会をし、父よりも活動の幅は広いですが、父ほどの人徳を持った人には到底届かないような気がしています。

父とは僕が20歳代の頃二人で海外に3回行きました。晩年も「一緒にロンドンに行こうけ」と父は行っていました。かなわぬ夢となった今日は、父の写真を見ながら酒を飲んでいます。

みなさん、長い間父を支えていただき、また愛していただき本当にありがとうございました。

| | コメント (8)

2010年3月21日 (日)

駿台京都駅前校・開講イベント

昨日から名古屋校で春期講習会をやっています。その二日目、駿台京都駅前校の開講イベント講演がありました。 校舎長は、やるき抜群のK本さん。以前からお世話になっているので 今日は気合いで名古屋から出陣しました。

名古屋駅から朝マックと開講の職員さんのためのお土産を買って新幹線に乗りました。 時間を確認し、滑り込む新幹線にのりました。しばらくして 車内のテロップが流れました。

This is the NOZOMI superexpress bound for TOKYO!!!!!!

「乗り間違えた」。「乗り間違えた」。頭が真っ白になりました。

各方面に電話。新横浜ですぐUターン。講演会は2時間遅れで始まりました。 関係各方面の方々、参加された方々、本当にすいませんでした。 明日、もう一度講演会です。今度は間違えずに行けそうです。

余談: 竹岡塾は今年京都大学5名、一橋大学1名、京都府立医科大学1名、名古屋大学 医学部1名、信州大学医学部1名、京都府立大学、徳島大学医学部保健など、 大健闘でした。

23日はいよいよ卒塾式(泣)。

| | コメント (15)

より以前の記事一覧