« 初めての上智大学 | トップページ | 講演会のお知らせ »

2012年9月19日 (水)

留学生の王と楊

 大学の時の友達に、中国からの留学生の王くんと楊くんがいました。百万遍の近くの東一条通りの畳屋さんの二階で下宿していました。どちらも秀才で、中国で一年間しか学んでいない日本語を流ちょうに操り、僕に「日本国憲法の序文がいえるか?」と質問してきました。

「そんなもん言えるか」というと、楊くんはスラスラと暗唱してくれました。僕はドイツ語と中国語を学び2年生になると、彼らとの会話は「日本語、英語、中国語、ドイツ語」のちゃんぽんになりました。ドイツ語も学ぶスピードは半端ではなかった。彼らには国を背負っているんだという気概を強く感じました。

 彼らは今、中国のどこかで「中国のはしたなさ」に複雑な思いで見守っていることでしょう。できることなら、会って話がしたいものです。

|

« 初めての上智大学 | トップページ | 講演会のお知らせ »

コメント

お久しぶり。元気かえ?
中国人でいうと、社交ダンス部に楊(ヤン)さんという中国からの留学生の女性がおったよなあ。確か上海交通大学卒で、工学部だった気がする。
彼女はエリート意識丸出しで、我々日本人男子学生に「お前らみたいなボンクラとなんで私が手を繋いで踊らなあかんねん?」というオーラを出しまくっていたよなあ。
ふとそれを思い出しました。彼女も今頃きっと、中国の超エリートとしてご活躍のことでしょう。
健康に気を付けて、ご活躍を。

投稿: 芦刈成人 | 2012年9月23日 (日) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めての上智大学 | トップページ | 講演会のお知らせ »