« 平成24年度 竹岡塾塾生募集要項 | トップページ | やり切れない »

2012年3月24日 (土)

卒業生の進路

京都大学・工学部:山本(洛南)中野(嵯峨野)

京都大学・法学部:改森(西京)新井(洛南)熊澤(堀川)・出野(堀川)

京都府立医科大学・医学部医学科・平田(堀川) 

京都工芸繊維大学・荒木(京都女子)、田中(洛星)、村上(洛南)

大阪大学・経済学部:吉久(嵯峨野)、西岡(園部)

名古屋大学・岡本(高槻)

九州大学・久保(西京)

滋賀大学・山田(堀川Ⅱ類)、森口(高槻)

京都府立大学・三宅(亀岡)

同志社大学・井内(西京)、能勢(嵯峨野)

京都女子大学・大舘(亀岡)

会津大学・元木(北嵯峨)

これ以外は駿台予備学校にて浪人に決定(それもよし!!!)

「○×大学に○人受かりました!」というのは詭弁です。塾に入るまえに、そのぐらいの

素養とやる気を持っていたとしたら、受かったのは本人の努力で、もし落ちたとしたら

それは塾の責任です。もし「竹岡塾に来ていなければ」は神様のみが知ることです。

いずれにしても、卒塾式が3月22日に終わり、3年間共に過ごした生徒が巣立って行きま

した。毎年のことですが、本当に寂しい限りです。

また、4月から新しい塾生との出会いです。

追伸:

3月28日にドラゴン・イングリッシュ必修英文法100 (講談社の学習参考書)が発売になります。

宜しくお願いいたします。

4月末には京都のアヴァンティでサイン会の予定です。

                               竹岡広信 拝

以上10名、3年間竹岡塾をほぼ皆勤

|

« 平成24年度 竹岡塾塾生募集要項 | トップページ | やり切れない »

コメント

竹岡先生、昨日は駿台での長時間に及ぶ講義ありがとうございました。初めて参加させていただきましたが、すごく感銘をうけました。4月から高校2年生のライティングと英語IIを担当するにあたって、気持ちが高揚しています。また機会があったら先生の講義を拝聴したいです。本当にありがとうございました。これからも頑張ります。

投稿: 竹村美紀 | 2012年3月28日 (水) 11時32分

桜花爛漫の頃となり、竹岡塾の先生方は
新塾生をお迎えになられ御多忙のことと存じます。

さて。このたび我が愚息が、竹岡塾にてお世話になり無事に第一志望校に合格できました。
親子共々感謝の思いでいっぱいです。


英語はもとより、人生において竹岡先生との出会いは、息子にとりまして大きな財産となていると確信いたしております。


息子は、竹岡先生の熱い思いのこもったお心を、ある時は父親のように・兄のように優しくも厳しい自愛深く接して下さる先生。
先生の存在は息子に大きな影響を与えてくださいました。


竹岡先生との出会いは
息子にとりまして
「塾の先生」という枠を超え、今後の人生において、大きな意味のある日々であったと確信しております。


息子でありながら、親では彼に伝えきれない、
伝わらないこともありました。けれど、なぜか竹岡先生からのご指導は心に響いたようなのです。

この点に関しましては、親の私の今後の課題ですね(苦笑)


私は、彼ら塾生の未来は輝く希望に満ちていると信じています。
たとえ大きな試練があっても「必ずや乗り越えていける」人へと成長する素晴らしい人間であると信じています。

今後も彼らは、
たくさんの出逢い、経験を通じ
皆が悩み、考え、また悩みながらも
大きな意味のある、それぞれの その人にしか成しえない、何かしらの使命を果たし!!
人生を謳歌していくと信じております。


彼らを成長させていただいた竹岡先生。
感謝の思いしか浮かびません。
本当に有難うございました。


竹岡塾の今後益々のご発展、また竹岡先生をはじめ多くの素晴らしい講師の先生方のご健勝を心よりお祈りいたしております。

本来であれば直接お礼を申し上げたいところではございますが、この場をお借りしまして一言お礼を申し上げます。
本当に有難うございました。

長文・乱文お許しくださいませ。


         元・竹岡塾高3生の母

投稿: 元・高3生の親 | 2012年4月 6日 (金) 00時11分

お世話になっております。
3年前に購入させていただいた「ドラゴンイングリッシュ必修英単語1000」(第2刷)
を今でも使わせていただいているのですが、
誤植がないか非常に気になっております。
お忙しいところ大変恐縮ですが、誤植の情報を教えていただけないでしょうか?
何卒よろしくお願いいたします。

投稿: 石川 | 2012年4月 6日 (金) 12時12分

こんばんは。
竹岡先生に駿台で英語を教わっていた者です。今は大学生です。

アバンティでサイン会やってたんですね…
気づきませんでした
行っておけば良かったと後悔してます

次に本を出版されてサイン会をなさる時は絶対に行こうと思います

投稿: 大学生 | 2012年5月 2日 (水) 19時02分

所詮竹岡塾だぜ

投稿: 鉄〇会 | 2012年5月 5日 (土) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成24年度 竹岡塾塾生募集要項 | トップページ | やり切れない »