« NHK出演のお知らせ | トップページ | お知らせ »

2010年8月18日 (水)

合宿が終了しました。

 高野山無量光院での7年目の合宿が終了しました。比叡山で16年間合宿をやっていましたが、宿坊の立て替えのあと合宿に適さない環境になってしまい高野山に移しました。最初は、戸惑いもありましたが無量光院のみなさんの素晴らしいお気遣いに感激し、いまではすっかり愛着が湧いています。

 高野山の初期の合宿には亡き父も参加したことを思いだしながら、5日間がんばりました。生徒たちも日に日によくなってきたようです。なによりも全員が無事で帰れたことに感謝します。合宿の最終日には古文の特別ゲストの先生が素晴らしいスピーチをしていただき感激しました。クラーク博士は「野心をもて」と言われましたが、そのあおに「その野心を一般庶民に還元するように!」という趣旨でした。

保護者の皆さんをはじめ、皆さん有り難うございました。

|

« NHK出演のお知らせ | トップページ | お知らせ »

コメント

はじめまして

自分は同志社大学を目指している学生です。

先生のドラゴンイングリッシュ1000を使おうと考えているのですが、友人に同志社は単語数が多いのからドラゴンでは無理だろう、といわれました。

ドラゴンで
同志社に対応できますか?

返答お願いします。

投稿: なか | 2010年8月20日 (金) 07時55分

たとえ出されたものであっても、合宿で生徒が自習しとる間は飲酒は控えんかい!!

投稿: | 2010年9月 4日 (土) 13時02分

飲酒したらあかんか?

人間としてのキャパと言うか寛容さが狭いとあかんで。

ガキの前で酒飲む大人がおらな,大人はいい背中は見せられへんで。

投稿: | 2010年9月 6日 (月) 16時15分

生徒が少しでも自分の気に入らない行動をとると、すかさずそれが欠点・短所であるかのように説教を垂れる竹岡の性格の方がむしろ人間としてのキャパが狭いといえるでしょう。合宿では普段以上に生徒に厳しく接し、偉そうに説教を垂れているのですから、それなりに自分を律しなければいけないのは当然のことですよ。
それと、合宿のことに関してきちんと「保護者」と明記して礼をいうのもこれが初めてと違いますか?いまさらながら遅いですよ。誰がお前の企画した何万もする高額な合宿の費用を出してると思ってるんだ?誰が子供の荷造りとかその他色々手伝って集合地点まで送り届けてると思ってるんだ?

投稿: | 2010年9月 7日 (火) 01時57分

塾の方針とかやり方が気に入らんかったら,やめたらいいんですよ。
塾や予備校は探さなくてもたくさんありますよ。
教育に消費者意識を持ち込むといけませんね。

投稿: | 2010年9月 7日 (火) 22時22分

はじめまして。阪大を目指す高校2年生です。大阪大学には行きたいのですが、そのための英語力が全く自分にはないのではないかと悩んでいます。出来れば個人的にお話させていただきたいのですが、先生も多忙でいらっしゃると思いますので、メールアドレスをのせておきます。返信していただけますでしょうか。よろしくおねがいします。携帯電話を持っておらず、ヤフーのアドレスしか持ってませんが宜しくお願い致します。

投稿: 英語に悩む人 | 2010年9月23日 (木) 21時30分

少しでも逆らうとすぐにそうやって退塾をちらつかせたりして人に圧力をかけるのは愚劣で卑怯ですね。命がけで勉強してる学生に失礼ですよ。やはりこの塾は全体主義的傾向にありますね。

投稿: | 2010年9月23日 (木) 22時01分

第三者から見て…保護者の方がおかしいです。
結局言いたいことは、塾の方針が気に入らないから変えろということですよね?だったら気に入る方針の塾にしたらいいじゃないですか?

投稿: 元生徒 | 2010年9月24日 (金) 11時46分

いや第三者からみて保護者の意見は正常なものだと思います この先生はモラルは無いしまた大変下品だとしか思えない そのうち友達いなくなるよ

投稿: 元学生 | 2010年9月24日 (金) 22時39分

以前に駿台 京都南校で講習を受講したものです。元生徒さんを補足させていただきます。

先生はとても礼儀に厳しい方であると記憶しています。確かに授業中は下品なものの言い方をされますが、先生の価値観にしっかりしたその根拠があって、たとえ叱られたとしても納得のいくものでした。アホをした人間には、きっぱりとアホと言いきります。

これほど個性のある先生こそ、私は命をかけて講義をされていると思います。それから自習というのは生徒が自主的に行うものでありますから、一日の全課程を終えた先生がビールの1杯や2杯楽しんでも別に問題はないのでは?学生が特別な待遇を受けなければならない理由もありませんし、先生が絶対的にエラいように扱われる理由もありません。そもそも「塾が全体主義」というのは何のことかよくわかりませんし、全体主義 "的" という表現も非常に曖昧です。

そもそも掲示板に大切な意見するときには、身分を相手に伝わるようにし、できれば塾に赴き、フェアに抗議しましょう。不特定多数からのこの手のクレームは先生が一番忌み嫌うものだと思います。


子供、生徒は先生以上に、親の背をみて育つのですよ。

投稿: keisuke | 2010年9月25日 (土) 19時06分

keisukeさんに賛同する書き込みです。
実際に,書籍でしか先生を知らないので,これまでのやり取りに対しての感想に留めます。
いい年した大人が,名乗りもせず,挨拶もせず,言葉遣いも大変失礼で,他人のブログに繰り返し悪口を書き込む。
他人をとやかく言う前に,ご自身のモラルが欠けているように思います。文句言うにも礼儀があるはず。
どんな素晴らしい先生でも必ず合わない学生もいるし,塾のルールに合わない学生だっているでしょう。しかし,合わないからといって先生や塾を批判するのは筋違いです。縁がなかった,というだけではないですか。何をそんなに必死になっているのでしょう?
お子様があなたのその姿をみて「お父さんorお母さん,文句書き込んでくれてありがとう!」とでも言うのですか,まさか。
私を始め,多くの方があなたの(内容云々以前のレベルで)失礼な発言に対し不愉快な思いをしていると思います。
この一連の「見る人々を不快にするコメント」が早々に削除されることを管理人様にお願い申し上げます。

投稿: | 2010年9月25日 (土) 23時47分

ネットだから言いたいこと言って、
実際目の前にしたら何も言えない。
ほんと悪口言ってる人は何様のつもりなんですかね。
どんな軽はずみな言葉でも人を傷つけるということがわからない輩がまだいるのは驚きです。

それに、これほど日本の英語教育を思っている方はそうそういないと思いますが。
まァ何を言っても無駄でしょうが。

これからも竹岡先生には頑張ってほしいと思います。

投稿: asdf | 2010年9月26日 (日) 02時16分

英語教育を熱心に考えてらっしゃるだとかただの理想像でしかないですから 紙面から眺めてるのと現実とは違うのですよ 実際駿台で直接抗議云々の前に質問すらまともに付き合わない講師ですし 最近は駿台生も馬○が多いみたいで笑 まぁある生物講師みたいに長いものにまかれたいって気持ちもわからなくはないですけども笑

投稿: 某予備校講師 | 2010年9月28日 (火) 00時24分

真面目な質問なら受けてくださいましたよ?

投稿: 元生徒 | 2010年9月28日 (火) 07時21分

竹岡の時代は終わった

投稿: | 2010年9月28日 (火) 10時29分

>某予備校講師さん
何かを変えたい、何かを伝えたいという意思は誰しも理想を描く段階からスタートします。先生が英語教育に関してスポットを浴びている一人だということは先生がご自身の理想に向き合って進んでこられ、そしてそれを指示する層が厚くなってきたということです。
あなたが実際に先生とお会いしたのかは訝しい点ですが、様々なメディアを通じて先生のメッセージが見て取れるように、理想をこねるだけの停滞感を感じさせる人ではないと思います。

投稿: keisuke | 2010年9月28日 (火) 11時57分

先生 一年間よろしくお願いします。頑張ります。

投稿: 駿台生 | 2011年4月12日 (火) 02時13分

授業終了後の掃除の時間に本来ならば塾長として率先してその見本を示すべきであるにも関わらず何もしない、自分の書いたホワイトボードの字すら臭いインキの匂いのする汚い雑巾で塾生に消させている。当たり前のように夜遅くまで何時間も延長授業(というか追加のプリント演習)を行い帰りを待つ親、車で迎えにきている親を心配させ、塾生を寝不足にさせているにも関わらず、「親が自分に挨拶をしに来ないのは無礼である」と勘違いしている。また、言葉を発すれば、センター以外の塾での指導は大したことがない分際で自分以外の英語教育者を蔑む言葉か、塾生をあげつらう説教や、上から目線の頭ごなしな物言いしかない。これほどまでに人を不快にさせる自己中心的で周囲に対して礼節を欠いた傲慢無礼な人間に、何を成し遂げることができるというのだ?執筆活動やしょうもないメディアへの露出や自分以外の英語教育者の文句を言うのに忙しすぎて「安い授業料」と侮っている塾の指導にまで手が回らないなら、自分が塾を辞めればいい。

投稿: 元塾生 | 2011年4月30日 (土) 03時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NHK出演のお知らせ | トップページ | お知らせ »