« 入塾試験について | トップページ | 駿台京都駅前校・開講イベント »

2010年2月15日 (月)

偉い人に遭遇。

 長崎での仕事を終え、「かもめ」で博多に向かう途中、いつものように採点をしていました。ワゴンのお姉さんが通りかかったのでコーヒーを注文すると、型どおりの応答の後に、「お仕事ですか?大変ですね」とニコッと微笑んでくれたのです。いままで、何百回とワゴンサービスは利用していますが、こんなことは初めてです。うれしかった。

 駿台名古屋校のすぐ近くの「CoCo壱番屋」でカレーを食べていました。スポーツ新聞はほとんど読むところがなく(ドラゴンズの記事が多い)、目についた本「日本一の変人経営者」というのを手にとりました。CoCo壱番の創業者の宗次徳二さんの本でした。苦労人だけでなく、フランチャイズに対する気配りなど、「さすが」と思い、本を買うことにしました。すると、なんと店内に本人がおられました!!!たまたま雑誌の取材で、その店に来られていたのです。サインをして頂きました。非常に腰の低い方です。感激しました。

入塾試験申し込み

 

|

« 入塾試験について | トップページ | 駿台京都駅前校・開講イベント »

コメント

新幹線の利用者が1000円高速の影響で少なくなっているそうです。
利用者を少しでもふやすために何ができるかを一生懸命考え、パーサーらもがんばっているそうです。
いい思い出を作っていただき、リピーターになってもらおうということなのです。
サービス業の基本なのですね。
ガイアの夜明けを毎週予約録画してみています。今の社会が見えてきます。

投稿: romy | 2010年2月15日 (月) 22時02分

先生の[基本英文100]の⑨の文章でお聞きしたい事があります。先生は、predictは未来を表すからto不定詞を用いると書いていましたが、意味が分かりません。私は、単純に、これはto不定詞の副詞的用法で判断の根拠を表してるのかなと思いました。接続詞thatを使わない理由は、副詞節を導く接続詞thatには判断の根拠を表す用法がないと思ったからです。先生のおっしゃる未来を表すからとは、一体何の意図があるんですか?

投稿: 高橋 りょう | 2010年2月21日 (日) 01時39分

>>高橋 りょうさん
質問の言葉遣いがあまりに不適切です。
ご自身の不勉強を棚に上げて食って掛かるような物言いをするのには、一体何の意図があるんですか?
フォレストなりでto doとdoingの違いや動詞の現在形の意味を調べて自分で考えて下さい。

投稿: ホモリカワ | 2010年2月22日 (月) 23時04分

言い方はよくなかったです。どうも、すいませんでしたm(_ _)m

しかし、フォレストやロイヤルを読んでも、竹岡先生の「未来を表すからto不定詞だ」という意味が分からなかったんです。

投稿: 高橋 りょう | 2010年2月24日 (水) 16時18分

例えば、I am relieved tohear that. この時のhearは別に未来を表していないなと思いまして。感情の原因を表してるからto不定詞を使ってるだけなんじゃないかと思ったんです。

投稿: 高橋 りょう | 2010年2月24日 (水) 16時33分

何度も書き込み失礼します。結局のところ、僕が言いたい事は、未来を表すからto不定詞を使うという竹岡先生の理論では、一部の文章しか網羅出来ていないと思うんです。to不定詞の副詞的用法である感情の原因を表すとか判断の根拠とかのほうがより多くの文章を網羅出来てるんじゃないかと思ったんです。

投稿: 高橋 りょう | 2010年2月24日 (水) 18時36分

失礼致します。大学生で英語を勉強している二年生です。
高橋さん、高橋さんがおっしゃりたいことはわかります。

ただ高橋さん
例えば
It is impossibe for him
to master it.
はtoを使い
thatは使えません

It is impossibe that he
ate it.はthatを使いto
は使えません。

他にたばこが健康に悪影響を及ぼすということは、
一般の人々の間でも常識である
これは
It is common sense
even among ordinary people that smoking does
you harm.であり
toは使えません。

私なりに説明させて頂きますと常に事実か仮定で判断することが大事です。
先生のドラゴンイングリッシュの文
It is impossibe to
predict〜は仮定ですよね。
It would be dangerou to
drive〜は仮定ですよね

先程の文章
It is impossibe that
he ate it 彼がそれを食べたという`事実´はありえない

たばこが健康に悪影響を及ぼすのは`事実´ですよね。

竹岡先生はここでは
そういったことを
おっしゃられています。

ちなみに
僕個人の考えなので正確ではありませんが
同じto不定詞といえども
名詞的用法と副詞的用法は全く違います

上記の例文は
名詞的用法でそれを欠かしては不完全な文、文として成り立ちません
外人に向かって言ってみて下さい
It is impossibe…………

何が?とつっこまれてしまいます。????になってしまいます

しかし
I'm happy.はもちろん通じます。

I'm happy 幸せです
感覚的には
幸せということを伝えたいんです
で 幸せというのを伝えた後で
to hear that それを聞いてね と添える感じが
to不定詞の副詞的用法です

to不定詞も用法によって
働き方が違うということです。

投稿: 英語話せるように頑張る大学生 | 2010年2月26日 (金) 01時48分

竹岡先生こんにちは。
センター面白いほど取れるシリーズについてお聞きしたいのですが、発音・アクセント編と文法編の改訂版の出版の予定はありますか?読解編のパワーアップ版はすごく良かったので他2冊の改訂版を楽しみにしています。

投稿: 西 | 2010年2月27日 (土) 18時53分

英語話せるように頑張る大学生さん、私のわがままな疑問に対してお答え頂きありがとうございますm(_ _)m

ただ、気になる文章があります。

I am relieved to hear that.です。この場合の、hearは事実だと思うんでずが。


投稿: 高橋 りょう | 2010年3月 3日 (水) 22時42分

英語話せるように頑張る大学生さん、「形式主語」を使う場合と使わない場合でto不定詞とthatの使い分けが違うという事なのでしょうか?

投稿: 高橋りょう | 2010年3月 3日 (水) 23時00分

いまさらですが、あけましておめでとうございます。
竹岡先生の英文熟考のCDでやる気を出している者です。
生意気ながら、僕には1つだけ(?)要望があります。
話は少し前になるのですが、中学生のとき、僕はいつも「高校生は解説の詳しい参考書がいっぱいあるなぁ。」とうらやましく思っていました。単語帳は単語が羅列していてとてもやる気が出るものではありませんでした。先生の参考書を見たときは大変感激しました。単語帳だけでなく問題集も解説が詳しくなく勉強しずらかったです。
本当は、英語だけでなく、国語、理科、社会も解説が詳しい参考書が欲しいのです。
勉強が嫌いになる理由は小・中学校に原因があると思っています。
僕は本当に些細な理由(競争心)で勉強が好きになりましたが、高校生のようにある程度参考書が充実した方が日本の教育いい影響を与えるのではないのでしょうか。
日本の教育を良くしたいものより。

投稿: honest boy | 2010年3月 3日 (水) 23時46分

お久しぶりです。と言っても先生はもちろん覚えていらっしゃらないと思いますがsweat02
十年前に名古屋校で先生の授業を受講しておりました。先生の授業を受けていた一年間は英語が楽しかったのですが、大学に入ってからは授業が面白くなかったという言い訳とともに、興味が失せてしまい、二回も留年したくせになにひとつ英語に関しては学びませんでした。
数年フラフラして、なんの目的なしに英語を勉強し始め、その中で改めて勉強することの楽しさを覚え、この先ずっと勉強し続けたい、あわよくばその楽しさをつぎの世代の子供たちに伝えられたらとの思いから先生になることを決めました。そのために、大学に通い直し、教職をとるために勉強中の身です。竹岡先生には十年お会いしておりませんが、参考書等で、そしてむかし頂いたプリント等で日々お世話になっております。先生になろうと思った経緯にも先生の存在感は大きく影響しております。まだ先生になれたわけではありませんが、とても感謝しています。いつか先生になれたら改めて、直接お礼の挨拶をしにいきたいと思っています。
長々とすみません。気持ち悪いですねsweat01すみませんついで、と言ってはなんですが、一つ質問よろしいでしょうか。。ほんとうにひまな時でよいので返信していただけたらうれしいです。
関係代名詞の説明で、最近出された著書の中では「関係代名詞節は形容詞ではない」とおっしゃっていたのですが、十年前にいただいたプリントには、形容詞の説明部分で、形容詞節のところに関係代名詞節と書かれていたのですが、これは解釈の上では形容詞と考えたらよい、といったニュアンスなんでしょうか?ぶしつけにすみませんが、回答いただけたら、と思います。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。

投稿: 瀬戸昂介 | 2010年5月29日 (土) 02時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入塾試験について | トップページ | 駿台京都駅前校・開講イベント »