« 2009年センター英語試験分析 | トップページ | モンキーチャックのチャゴさんからメール »

2009年1月20日 (火)

コメントを頂きました。

2009年のセンター試験分析に書いたコメントにコメントを頂きました。

>「問3の答えが Rainforests are likely to make more money if they are not destroyed.になったのには本当に驚きました。「センター本試験」が、「熱帯雨林がお金になる」なんて書くのは「アリ」ですかね?」

アリだと思います。
熱帯雨林がお金にならないから、貧しいnativeたちが森林伐採に走っているという現実があります。
熱帯雨林は金にならない。
材木は金になる。
だから森林破壊が進んでいる。
しかし実際には地球上では経済原理がすべてを支配してます。
それを嘆くのではなく、それを現実として捉えて森林破壊を防ぐしかないのではないでしょうか。
熱帯雨林を守ることがお金になるならNativeたちは喜んで熱帯雨林を守るでしょう。
実際にCoalition for Rainforests Nationsという熱帯雨林保有国の連合が登場しています。
森林破壊を回避することに経済的インセンティブを導入しようというものです。
もう経済原理を森林破壊回避の中に入れるしか他に方策がないと思うのですが。
先生は「ナシ」というご意見ということになると思うのですが、ならば熱帯雨林破壊を回避する具体的な手段は如何お考えなのでしょうか。(すみません、攻撃してるのではなくて、ちょっとあまり考えずに書かれたなあ、という印象を持ったものですから。Rainforests are likely to make more money if they are not destroyed.がナシならRainforests are likely to make more money if they are  destroyed.ということを先生はお認めになってる。この考え方を変えることが森林破壊をストップさせる唯一の方法だお思います。もしご意見があるならお聞かせください。)

私はこの設問を、やるなあ、と思いました。
先生のブログでの発言は私の生徒から聞きました(生徒は批判ではなく、先生のおっしゃるとおりでおかしな問題だ、と考えていたようです)。
このように先生の発言は影響力が大きい。

是非とも地球をよい方向にお導きいただければと思います。
最後に匿名でこのような文章を同業の大先輩に書いたこと、何卒お許しください。

竹岡:

上記の意見はまったくもっと正しいと思います。何年か前の東大の問題にも自然保護のために「汚染税」を創設するのはどうか?というのがありました。

ただ、僕が言いたかったのは、良いことであれ悪いことであれ「金儲け」という概念が、従来のセンター試験にはなかったので、「アリですかね?」と書いたまでです。誤解をされた方は申し訳ございませんでした。

|

« 2009年センター英語試験分析 | トップページ | モンキーチャックのチャゴさんからメール »

コメント

正論には反論しにくいですが、その正論の成果が試されるのは、これからなのではないでしょうか。

投稿: | 2009年1月26日 (月) 12時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2009年センター英語試験分析 | トップページ | モンキーチャックのチャゴさんからメール »