« 感謝 | トップページ | 8月ですね! »

2008年8月 2日 (土)

進むべき方向性

 ある最近出版された基本単語集のp.123にOn account of his intelligence, he could get the job. 「彼は頭が良かったので、その仕事に就くことができました」というのがありました。ここをご覧の先生方なら、この英文が絶望的に酷いことがおわかりになると思います。平成の時代になって、まだこのような英文が出回るのが本当に不思議で、「日本の英語教育改革」の遠さを痛感します。

 先日、駿台名古屋校で化学の石川正明先生に「竹岡先生は、人を育てることをもっと真剣に考えないと、次の世代につながらないよ。だから講習を減らしてでも教員セミナーをもっと増やして、持っているものをすべて伝えなさい。」というお言葉を頂きました。化学教育を憂い、化学教育改革にいそしんでこられた石川先生ならではの言葉だと思いました。

 今日は、高島市立今津中学校で教職員の方々を対象に講演をさせて頂きました。同中学の下澤先生が熱心に電話してくださり実現した企画でした。湖西線の鈍行に乗るのは28年ぶりでした。大学の時に高校の同級生と近江舞子まで泳ぎに行ったことを思い出しました。いいところでした。帰りは琵琶湖就航の歌を口ずさみながら帰途につきました。

 明日から駿台予備学校京都南校での授業の開始です。

   
                                     
    

|

« 感謝 | トップページ | 8月ですね! »

コメント

教師が育てるのは生徒だけではないのですね。確かにその通りだと思います。深いですね

投稿: loof | 2008年8月 5日 (火) 11時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 感謝 | トップページ | 8月ですね! »