« ドラゴン桜・最終回 | トップページ | pick-me-up »

2007年6月30日 (土)

予備校のアンケート

 予備校のアンケートはマーク式のものと記述式の2種類があり、マーク式のものは機械で集計されて講師の家に送られてきます。記述式の方は、各校舎でまとめられ講師に渡されます。もちろんアンケートは匿名です。しかし、学習の場にアンケートあどが必要なのでしょうか?僕は疑問に思っています。化学の高名な I 先生は、たった一枚の心ない記述式のアンケートで随分と落ち込まれていました。

 最近、匿名が多いですね。まずはアンケート。そしてこのブログなどへの書き込み。名前がばれないから人を中傷することを平気でかく。しかも、正当性をもたせようとあらゆるデマをちりばめる。日本人の品格は本当に低下しました。その要因の一つにこのような匿名性があるような気がします。

 

 

|

« ドラゴン桜・最終回 | トップページ | pick-me-up »

コメント

こんばんは。書き込み失礼いたします。

我々が駿台にいた頃にもアンケートがありました。
もちろん書く側であった私は、教務の方が「査定にでも使うんかいな」と思っていました。
何を書いたかは全く覚えていませんが、恐らく今となっては
反省せねばならないことを書いていた…そんな気がします。
「生徒の意見を先生に伝える手段」という大儀はあるでしょうが、
対人間の話ですから、見えない所から攻撃を仕掛けられるのは受け手としては厳しいですね。
「もっとやりようは無いんかいな」などと、今の立場になって思います。
今日、個別指導において、古文の授業をやることになったのですが、
授業終了後生徒に、
「わかりやすいし楽しかったのでまたやってほしい」
と直接言ってもらえました。
こちらの準備が不十分でグダグダだったにも関わらず、
そう言ってもらえたのには、嬉しさはもちろんのこと、
もっと気を引き締めて頑張らないと、という思いを持たされました。
小さなことではありますが、
相手の「心」を感じると、こちらの「心」も動かされる、そんな気がした出来事でした。
人との距離感は常に頭に入れて計れるようにしておきたいものです。
ちなみに、我々が駿台在籍当時、英語科のH先生は、
「アンケートは決して読まない」と仰っていました。

匿名性というのは己を守るためにある程度必要だとは思います。
しかしそれを盾に、他人を傷つけ貶めたり、讒言したりするのは、
使い古されたフレーズですが、心が貧しい、のでしょうね。

「美しい日本」は遠くの方にあるのか、
それとも実は無いのか、全然見えません。

長文失礼いたしました。

投稿: すいか | 2007年6月30日 (土) 03時15分

初めてのコメント失礼致します。
先ほど、先生が僕のブログの記事にコメントされていたのを見つけました。ありがとうございます。先生にああ言って頂いて嬉しく思います。
実際、僕の父と先生は重なるものがあります。息子の目から見れば、大きな背中ではありますが、いずれは超えようという気概をもちながら毎日を過ごしていきたいと思っています。
明後日で先生の前期の授業は終わりますが、後期もよろしくお願い致します。
これからますます暑くなりますが、お体には十分お気を付け下さい。

投稿: koshi | 2007年6月30日 (土) 16時45分

匿名批判とこられましたか。これは、失礼致しました。匿名に致しましたこと、申し訳ございません。とはいえ、匿名は、投稿者の自己保身ばかりでなく、今回は竹岡先生ご自身の名誉のためにも、得策かと思います。小生が拙名と肩書を開示致しますと、先生の対外イメージに少し影響すると共に、先生も感情的に若干ショックを受けられる可能性があるでしょう。私はあくまで先生
に冷静になって下さいと進言申し上げたまでで、先生に何らかのダメージを与える意図はありませんので、名を伏せさせて頂いております。申し訳ございません。

それにしても、先生の主題すり替えは鮮やかでしたね!私のコメント内容自体には触れず、匿名性を拾って強調されるとは。まさに小泉前首相も顔負けでしょう。それと、私のコメントを削除なさるのも異様にお速かったのではないですか?零時前にお送りしたと思いますが、先程拝見しますと、三時過ぎに古文の先生がコメントされた際「アンケート」話にしか触れておられないことから推察致しまして、私のコメントは一瞬にしてあっという間に削除されたと思われます。思えばこれも、現自民党の「強行」採決に似ているかもしれません。異論は即抹殺ですか。ファッショめいてきませんか??

しかし、私はこれ以上竹岡先生に異論を申し上げる気はございません。バトルは疲れるだけですので。一つだけ明らかにさせて頂いて、コメントを閉じます。私がお書きした内容に「デマ」は一切含まれておりません!「あらゆるデマをちりばめる」との先生のご記述自体がむしろデマでしょう。

でも、よかったです。今回も先生は逆ギレなさいましたが、それでも、洛南高二生に前代未聞の優しいレスを書かれました!ということは、私が先生の逆鱗に触れ出入り禁止になってしまったのも、あながち無駄ではなかったのでしょう。では、近々お会いするのを楽しみに致し、御ブログからはこれにて撤退させて頂きます。

投稿: 一兵卒 | 2007年6月30日 (土) 20時49分

我々生徒が、教師に望むコトは、魅力的で、楽しく、確実に学力が伸びるような授業をしてくれたり、本を執筆してくれたりするコトです。
僕は、竹岡先生の英語へのカリスマ性に引かれています。 同業者への云々は、正直申し上げて、我々生徒にはどうでも良い話です。こんな事で争って、もし竹岡先生が気分を害されて、被害を一番被るのは、我々生徒です。
竹岡先生、僕のような子供にはまだまだわからない世界があるようですが、どうかご自愛下さい。
先生の、日本の英語教育への目が覚めるような声、いつも我々生徒は待っています。

生意気申し上げてすみません。このコメント、削除していただいて構いません。

投稿: 洛南高二生あたかつ | 2007年6月30日 (土) 22時16分

初めてのコメント失礼致します。
確かに匿名性をいいことに、誹謗中傷する行為は許せませんね。
特にネット上では匿名の誹謗中傷で成立している場所もあるのだから信じられません。
今の日本人には倫理観が欠けている人が多いようです。

投稿: Lana | 2007年7月 1日 (日) 00時22分

初めてコメント致します。
上のコメント;誹謗中傷するのは許せませんとのこと、
当たり前です。
竹岡さんによって削除されたコメントは、しかし、そのような『匿名性をいいことに、誹謗中傷した、倫理観を欠いたコメント』では決してありませんでした。
削除されたので、わからないのは当然ですが、せっかくあのような控えめな『進言』を中傷するのであれば、間違っていると思います。
まずは、竹岡さんが、せっかくの『進言』を謙虚に受け止めず、即刻削除なさったことこそが、倫理観を欠いたことだと思うのは、私だけでしょうか。

投稿: 朝やけ | 2007年7月 1日 (日) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドラゴン桜・最終回 | トップページ | pick-me-up »