« 悲しみ | トップページ | 朗報第6弾 »

2007年3月20日 (火)

入塾試験

 17日の入塾試験が終わりました。新高校2年生は3名とることになりました。それ以外にも3名をとるかどうか丸2日悩んだのですが、結局とらないことになりました。性格もよさそうな子なのでとりたいのですが、僕にも限界があります。

 新高校3年生もずいぶんとお断りをさせてもらいました。本当に申し訳なく思っています。

 塾を不合格になった子はいったいどうするのだろう、なんて厚かましいことを考えてしまうのがこの季節です。

 できの悪い順に採用するのが本来の教育ではないのか?などと自問自答しています。また、一生懸命に100文を覚えてきた子の努力に敬服しています。

 みんなそれぞれの場所でがんばってほしいと思います。

ばらばらの内容になり申し訳ありません。

今日から春の講習会が名古屋でスタートを切ります。さあ出発!

|

« 悲しみ | トップページ | 朗報第6弾 »

コメント

以前プロフェッショナル仕事流儀を見て、
こんな先生に子供を見ていただきたいと強い思いがありましたが、まだうちの子がその年齢に達していないこと、やはり通えない場所で断念せざるを得ないけど、何か関係を持ちたくHPをお気に入りに・・・
亡き父は、長い間大阪の公立高校で英語の教鞭をとり、こよなく英語を愛した人でした。英語がすき、その楽しさを教えることが好きでした。
今年、その孫に当たるわが息子が中学受験で第一志望校に合格し、初めて英語の勉強を始めます。とにかくまねが上手で暗記力すごいので、父の志をついでくれたらなと勝手な親のちょっとした願いがないといったらウソになります。
本当に英語はスタート地点です。独学では、何から始めるとよいでしょうか?

投稿: 須郷 佳恵 | 2007年3月21日 (水) 00時11分

この一年間は駿台で本当にお世話になりました。
本来、直接お伺いし挨拶するのが礼儀とは思っておりましたが、入学手続き等バタバタし寮を引き上げ実家の福岡に戻ってしまった為、次に京都に行くのは夏休みになり大変遅くなってしまうと思いblogで報告をさせていただきます。
無礼になってしまいすみません。
四月から鳥取大学医学部医学科に進学することになりました。
入試について英語が出来たか?と問われたら、まだまだ未熟者の僕にはなかなか出来たとは答え辛いもので、ただ「先生に習ったとおり英作文は知らない表現は使いませんでした。」とだけ答えておきます。
先生には勉強より大切な人間として、大切な事を沢山学びました。
そのことが自分の宝ですしこれからも忘れてはいけないもののように感じてます。
これが医師への道の第一歩に過ぎません。
これからも、この一年間の事を大切にし、謙虚に努力、前進していくつもりです。
本当にお世話になりました。ありがとうございました。

投稿: 元京都校MA生 | 2007年3月22日 (木) 02時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悲しみ | トップページ | 朗報第6弾 »