« 部屋がなんとなく雑然 | トップページ | 今日は説教をしました »

2007年3月30日 (金)

温泉に行きたい!

 3月末は集中的に塾の授業を入れています。今日は新高校3年生は今年の東京大学の小説を精読しました。「かすかな反戦」を示唆する名文です。決して難しくはないのですが、あちこちにちりばめられた示唆に富む表現を鑑賞できればおもしろいと思います。

 旺文社から出しました拙著「超難関突破・解ける!英語長文」が英文が簡単だとするブログを見つけたことがありますが、おそらく現場の先生ではないのでしょう。一度、生徒にやらせてみてください。「一見簡単だが実は難問」これが東大の真骨頂ではないでしょうか。「はじめに」に書いている通り、塾や高校や予備校でやらせてみて「ほぼ全滅」という問題も含まれています。

 今日は雑誌「しゃべらナイト」のインタビューを受けました。詳細がわかればまたお伝えいたします。

|

« 部屋がなんとなく雑然 | トップページ | 今日は説教をしました »

コメント

塾講師の内川と申します。
お仕事ご苦労様です。
いつも拝見させてもらってます。

"Back Home"の英文は今年の問題の中でも
特に印象に残ってます。

私見ですが
「基本をどれだけ理解し、使いこなしているか」
という本質を問うてくる出題だったなと思っています。

竹岡先生はどう思われますか?

投稿: 内川貴司 | 2007年4月 3日 (火) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部屋がなんとなく雑然 | トップページ | 今日は説教をしました »