« 朗報第5弾 | トップページ | 入塾試験 »

2007年3月17日 (土)

悲しみ

  昨日は同僚の先生のお父様が亡くなられたため、お通夜に行ってきました。今日は恩師の奥様が亡くなられたためやはりお通夜に行ってきました。といっても指定された時間には行けずに、ほんの僅かの時間でした。同僚の先生や恩師にとっては大事な大事な人なのに、その悲しみをほとんどshareすることもなく、なにか儀礼的に行ったような気がして、情けない思いでした。

  いよいよ明日は入塾試験の日です。みんな緊張して来るのでしょうね。また新しい出会いがありますね。なお、明日はTBS系列の取材があります。詳細につきましては決定次第お伝えしたいと思います。いままでにもテレビの放映予定がいくつかあったのですが、突然中止になることがあり、本当に決定されてからでないと、こわくて発表ができません。

 明日は、駿台神戸校および京都校で講演をしてきます。

|

« 朗報第5弾 | トップページ | 入塾試験 »

コメント

こんにちは。突然書き込ませていただきました。私は関西の某国公立医大の新2回生です。去年駿台で一年浪人した末合格しました。浪人時代は、京都校ではなかったのでレギュラー授業を受け持ってもらったことはありませんが、竹岡先生の授業は夏期講習と冬期のセンターで受けたことがあります。高校3年の半ばから英語が伸び悩んでいたのですが、夏期に竹岡先生の授業を初めて受けて非常に感動し、英語って面白い!もっと学びたい!と思うきっかけになりました。大学準備講座も受けて、そのとき先生がおっしゃっていた通り、大学に入ってからは多読を実践しています。
大学の英語の授業は医療単語を覚えるばかりで正直言って全然面白くなく、言語としての英語への興味が薄れつつあったので、大学生のくせに、サテネットの単語のも受講させていただきました。非常に面白い授業でした。
人気講師というものは、教え方だけでなく、(単にネタばかりで生徒に好感を持たせるとかではなく)尊敬に値する立派な人柄も大きな要素で、人としての生き方・考え方は、授業を通して生徒は自然と感じとるものだと思います。先生の熱心な姿は、生徒に大きなパワーを与えていると思います。自分も浪人時代にパワーをもらった一人です。長くなりましたが、どうしてもお礼が言いたくてこの場を借りて書き込ませていただきました。これからも、日本の英語教育をよくしていって、英語好きな生徒の数がもっと増えるよう頑張ってください。

投稿: Jess | 2007年3月17日 (土) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 朗報第5弾 | トップページ | 入塾試験 »