« 気がつけば2月もあと3日 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »

2007年2月27日 (火)

前期試験が終了

京都大学の入試問題を入手しました。読解の1番は今はやりの「(common good)共通善」の話ですが、下線部そのものは難しくなくても大意をとるのは難しかったと思われます。英作文は出典明記がなくなったということは京大の先生がオリジナルでお作りになったと考えるべきでしょうね。

 教育とは何かと考えるときに、私が決まって思い出すのが小学校の恩師の顔である。先生は、私たち生徒に、物事に真剣に取り組むことを教えてくださった。その教えは、これまでの私の人生の指針となっている。今から考えると、先生の教えが私の心に響いたのは、先生の尊敬できる誠実な人柄によるところが大きかったように思う。教育において考慮すべきことは、教える内容だけではなく、教える側の人間性でもあるのだ。

 昨今の教育改革にもの申すという感じの、久しぶりに京大的な問題。うれしくなりました。京大を受験した塾生(駿台の京大実戦で英語全国4位)の再現答案に少し手直しをして作ってみました。不十分かもしれませんが、参考までに。

[試訳] When I think about what education is all about, I always remember an elementary school teacher I respect.  He taught us the importance of doing our best in anything.His advice still now has a great influence on my life.  Today I believe that I did not hesitate to follow what he said mainly because I respected his sincere character. Considering this fact, what counts in education is not only what should be taught, but what character the teacher has.   

 ちなみに東京大学は要約、英作は簡単。リスニングは相変わらず音響機器が劣悪。最後の長文は4ページと長くなりました。下線部和訳もそこそこ難しかったようです。

 神戸大学の自由作文は「小学校からの英語教育」、大阪大学は「一度いった場所でもう一度いきたい場所」。どちらも陳腐なテーマですね。工夫がありません。

|

« 気がつけば2月もあと3日 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »

コメント

竹岡塾では ドラゴンイングリッシュ100が 入学テストとなるんですか?

投稿: コウヘイ | 2007年2月27日 (火) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179807/14062128

この記事へのトラックバック一覧です: 前期試験が終了:

» 京都大学前期生物 [新・受験業界の片隅で適当に叫ぶ!]
どぉも,朝っぱらからブログしている伊藤です 解答に関しては駿台のHPを見て下さい そういえば,神戸大の解答(僕は第4問を作成)でK塾と伊藤の解答が違っています(´▽`) 問1のグラフを選ぶ問題ですが確かに条件設定が甘く,自分である程度の条件を設定しないとグラフ...... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 12時06分

« 気がつけば2月もあと3日 | トップページ | ご卒業おめでとうございます »