« リスニングの授業開始 | トップページ | 朝日新聞の視点 »

2006年9月13日 (水)

働き者

 駿台名古屋校に行ったとき、昔は校舎内で昼ご飯を食べていたのですが、最近では外に出て食べることが多くなりました。そして行くところは、いつも「とんかつ屋」という近くの飯屋です。

 そこのおっちゃんが、とにかく挨拶がすごい。レジに向かえば「ありがとうございました-!」、お金を払えば「いつもアリガトー!」。店をでるときも「いつもありがとう!仕事がんばってください!!!!」。これはすごい。両腕には、油ものを扱っているからであろう無数の火傷の後がある。「とんかつ」なんかは揚げたてを手でつかんでまな板に運び包丁で切る。すごい!!!といつも見ています。

 たまに暇な時におっちゃんと話をします。おっちゃんはなんともうすぐ60歳。子供は3人。みんなもう働いているらしい。その店に雇われて4年。昔商売していたが倒産し、今の仕事。バイクで30分の自宅から朝9時に出勤して仕込み。昼にラッシュをバイトの女性と2人でこなし、なんと夜11時まで仕事!!!!!!!「おっちゃん労働基準法って知っているか?」って言うたら、「食うていくためには、しゃーないですわ」と笑顔。昔は、借金がたくさんあって、その11時から朝5時まで別の仕事をして、睡眠時間2時間やったとか。

 こういう人を働き者という。最近では絶滅しかけている人種。今日はこのおっちゃんを見るために昼と夜の2回もその店に行ってしまいました。

|

« リスニングの授業開始 | トップページ | 朝日新聞の視点 »

コメント

まるで、お医者さんみたいな おっちゃんですね。
医者の卵として見習います。

投稿: 石橋 | 2006年9月13日 (水) 19時23分

石橋って、福岡校で出会ったあの石橋だろうか?書き込みをありがとう!

投稿: 竹岡先生 | 2006年9月15日 (金) 02時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179807/11873604

この記事へのトラックバック一覧です: 働き者:

« リスニングの授業開始 | トップページ | 朝日新聞の視点 »