« 講演会のお知らせ | トップページ | いよいよ新学期! »

2006年8月29日 (火)

佐賀県に行ってきました

 佐賀県高等学校学力向上対策事業案の一貫として、「センターの長文の得点力のアップ」と題した授業を行ってきました。場所は、佐賀県の小城というところです。博多駅から佐賀駅まではおよそ30分。そこからさらに乗り換えて小城(オギ)駅に到着です。駅からすぐの所にある小城高校で授業がありました。そこは、昔「フウテンの寅さん(マドンナ:後藤久美子)」の撮影に使われたことがあるそうです。佐賀県の様々な高校から参加された英語の先生はおよそ60名。質疑応答も含め約2時間の講演でしたが、みなさん本当に熱心に聞いていただきました。

 単語の丸暗記の禁止。英文法を大量に適当にやることの禁止。など持論を展開してきました。生意気ながら、少しでも日本の英語教育が向上すれば、と願っています。

 佐賀での授業終了後、大阪難波にて洛南のホテル合宿にて夜8時30分より授業をしてきました。

 今日は、塾のためいったん帰宅。散乱した部屋を見ながら、久々にカップヌードルを作った所、湯を入れすぎてこぼれ出てえらいことになってしまいました。

 

|

« 講演会のお知らせ | トップページ | いよいよ新学期! »

コメント

 こんにちは。竹岡先生相変わらずお忙しいようですね。掃除はされたほうがいいですよ。長崎先生の本探している人です。

 コメントを返していただいたのに、返答遅くなり申し訳ございません。コメント読みました。意外でした。お叱りを受けるどころか喜んでいただけるなんて…。
名古屋校講師室にて、僕「テキストに載っている絶版の本ってどんな内容ですか?」竹岡先生「そんなん知ってどうするの?絶版だからってあきらめるなんてありえへん。そんな人とはしゃべりたくもない。」僕「!!…」挙句の果てに出た言葉が「わかりました」(一体何が?)
そんなことがあったにもかかわらずまだ見つけれてないので玉砕覚悟で先日書き込みいたしました。基本単語テスト34/40な僕(受験生失格というよりむしろ人間失格)なんかの意見が参考になるかどうか甚だ疑問ではありますが、竹岡先生の元気の足しにしていただけただけでも光栄です。

 最後に、ネット上といえども、コミュニケーションは語源が示す通りみんなで共に言葉ないし文字などを分かち合い、一方でなく双方によって言葉を交換することだと思います。掲示板で「おすすめの参考書は何ですか?」とかを聞かれている方は聞くばかりでなく、コメントがないこともあるのにもかかわらず忙しい合間を縫って更新され続けている先生の記事にコメントを残されてはいかがでしょうか?
当事者でもなくコメントはまだ3回目のくせに偉そうな事言ってすみません。先生、これからも盛り上げていってください。

 

投稿: やんやんつけぼー(仮) | 2006年8月29日 (火) 18時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179807/11666551

この記事へのトラックバック一覧です: 佐賀県に行ってきました:

« 講演会のお知らせ | トップページ | いよいよ新学期! »